東京の秋葉原にあるレプマートの2号店です。東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩1分

カート

ミリタリーショップ レプマート アキバ2号店

雨対策ソロキャンの話(その2)

8月 24, 2019 店舗スタッフ Uncategorized

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

こんにちは、レプマートアキバ2号店です。

前回から間が開いてしまいましたが、今回もソロキャンプのお話。

実はこの記事のキャンプの後、グループで氷川キャンプ場に行ってきたのですが、流石にシーズンということと手軽なキャンプ場だけあって、いつもの静けさはなく、雰囲気の違った楽しみ方ができたかな?と。

管理人さん曰く、9月下旬までは混みあうとの事。ご留意くださいまし。m(_ _m

さて、前回の続きから。

折りたたみノコギリ超便利。

前回もお話したノコギリですが、ソロキャンプ時にはかなり有用な道具です。

まず第一重さ!にハンマーやアックスなどの大型ツールに比べて重量が軽いこと。

次に直線的な切断面を作ることと、そもそも切断の為の道具ため作業が容易なこと。さらに切断した際に出るおがくずが着火剤としては優れていること。

大量には出ませんのでグラウンドシートの上などで作業を行い、それから集めると良いでしょうね。ライターなどを使わず、ファイヤースチールで着火を試みたいならおがくずは便利だとおもいます。

ウチのお店では(今のところ)取り扱っていないソロストーブ タイタン写真がほぼ鍋やんけ、重量とサイズ感がソロキャンプにはバッチリのアイテムなのですが、いかんせんサイズが小さく“販売されている薪が長すぎる”ので、薪を切断した上で「短い小割」を大量につくる必要があります。(20~40本程度)

こういう時にノコギリがあると作業がはかどり、自由時間が増えるというワケ。面倒くさくなるとそのまま突っ込みますけど…(笑)

前回はバトニングナイフでチョッピングを行い、ハンマーでへし折る作業で作っていたので、右肩から背中を痛めるという惨事を招きましたが、今回はノコのおかげで特に何事もなく…あ、太ももに筋肉痛が…。

あ゛~ビールうめぇ~。

タープがあるので、雨模様でも外にでて作業が出来ます。やはり雨だから、とテントの中に引っ込んでしまうと気が滅入ってしまうので、雨除けのタープは必須ですね!(・o・)

タープを作るにあたり、ポール1~2本とパラコード、ペグは必ず必要になると思いますので、しっかりと事前準備しておきましょう。

ポールを持っていけない状況であれば長い枝を見つけて代用とするのもいいでしょう。良い感じのが見つかるといいですが…。

リフレクター付きのパラコードなのでハッキリとわかりますね~。

さて、日も暮れて辺りは真っ暗ですが、今回は電化を強化したので明るく快適!ランタン類は合計5個持ち込んでいるのですが、実際「これでギリギリ」と感じました。

フラッシュ無しで撮影してこの程度の明るさ、なので充分な明るさは確保できています。しかしグループキャンプとなると広い面積を明るくすることが出来ず、すこしパワ味が足りないかな…と。

グラウンド用のパネルで明るくするタイプのライトがあれば尚良しといった感じでしょう。(”~ ” )

晩御飯は鶏肉とたまねぎ、ニンジンを煮込んで、コンソメと塩で味付けをしたチキンスープ。早い話がチキンカレーのカレールー抜きですが、長時間煮込んでいるので美味しいです^^

寝床となるイオノスフィアですが、170cmの筆者が横になってもかなりスペースがあり、横になってではありますが、着替えもテント内で可能です。

寝転がった状態で手を伸ばしても天井に手が届くかどうか、という程度には高さがあるので、窮屈さは感じないです。 枕元にはゴムループもあって、ランタンの類をぶら下げることもできます。

より大型のバンカーやスコーピオン2,3も、内部構造がどうなっているのか気になりますね!

今回はそんな感じでした。帰り際に晴れたのはラッキー!

というわけで今回のキャンプではニューギアを色々と試すことが出来ました。

もはやひと月以上まえの出来事ではありますが、やっぱりソロキャンプはゆったり出来ていいですね~。

秋・冬のキャンプにも備えねば~!と今回はこの辺で。^^ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

_ - ミリタリーショップ レプマート