東京の秋葉原にあるレプマートの2号店です。東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩1分

カート

ミリタリーショップ レプマート アキバ2号店

砥石のはなし

4月 11, 2019 店舗スタッフ Uncategorized

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

こんにちは、レプマートアキバ2号店です。

暖かくなってきた昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?

そろそろ行楽にもよい季節、筆者もキャンプ欲が高まっております(笑)

キャンプには付き物といえば、テント、焚火、寝袋、etc…ですが、そんなキャンプライフを楽しむ為にいざ道具を揃えよう!…と考えてみると、意外と多いもの。

先ずはキャンプの必需品ともいえるナイフのご紹介!と行きたいのですが、ナイフというツールはたとえて言うならドライバーのようなところがあり、要求する作業や目的によって良し悪しが結構あります。

ですので今回は筆者のブンヒツ肩慣らし(笑)も兼ねて、ナイフを買ったあとに必要になる『砥石』のお話からさせて頂ければと思います。

◆一般的な砥石の特徴

ご家庭には必ずある砥石…ですが、最近では無いご家庭も増えているのかな?

日本の場合“水砥石”が一般的ですね~。

こんなの。昔話で鬼婆がシャーコシャーコしてるアレですアレ。

もちろん海外でも使用されることのある水砥石ですが、特に和包丁などの研ぎには最適で、きめ細かい仕上げが求められる料理包丁にはお勧め!…なのですが、ステンレスなどを使用し刀身の“頑丈さ”を求めるナイフ、特に硬い特殊鋼材を使用しているモデルでは砥石が負けてしまうという事が頻発します。基本的に粘土状である水砥石では砥石側だけが削れてしまうワケですね。

ですので、置き砥石が良いという方は値段の高い天然砥石よりも“セラミック砥石”を使用するのがオススメです。砥石自体が負けることも少なく、種類を揃えれば鏡面のように磨き上げることも可能です。ただし!両刃の刃物を研ぐには意外と技術が要ります。

上の図のようにどちらか片方を研ぎすぎたり、甘かったりすると刃が歪んでしまうことがあり、そうなってしまうとせっかく研いだのに切れ味が戻らなかったり、逆に落ちてしまうこともあります。(まっすぐ振り下ろしても力がうまく伝わらなくなってしまうんですね。)こうならないようにするには何度も練習するしかありません。研ぎを生業にしている方の技術って、見ているだけではわからないものですが実は凄いのです!><

刃物もしくは両刃を研ぐのが初めてだ、という方は↓のようなガイド付きのシャープナーを使うのが良いと思います。

【ランスキー シャープナー デラックス 砥石5種セット】

コレ筆者も使っています、オススメ。

◆アーカンサス砥石

日本ではちょっと聞きなれない名前ですが、これは米国のアーカンソー州で産出される石英を使用した砥石でして、古くはインディアンが使っていたそうです。(余談ですがアーカンソー州の名前の由来もインディアンの部族の名前だそうですね。)

粘土や砂岩のような粒子状の水砥石と違い、硬い結晶である石英のアーカンサス砥石はステンレスをはじめとしたナイフでよく使われる鋼材にも負けることなく、しっかりと研ぎあげることができます。別名“オイルストーン”とも呼ばれており、その名前の通り研磨の際にはホーニングオイル(砥石の油)を砥石に塗布して使用します。水でも多少は研げますがやはり油のほうがオススメです。

【ランスキー シャープナー 交換用砥石】

【LANSKY ネイサンズ ホーニングオイル】

どうしても手元にない場合は、5-56や破棄するエンジンオイルなどの鉱油なら代用が効くそうです。

◆ダイヤモンド砥石

砥石、というよりは棒ヤスリのイメージが強いかな? 滅多にありませんがすさまじく硬い特殊鋼材(ZDP-189とかMVS-8とか)のナイフを研磨するにはダイヤモンド砥石がオススメです。

100円ショップなどで売っているものでも研げなくはないですが、しっかりしたものを買うのが良いと思います。まず使わない緊急用として持っておく分にはそれでもいいかもしれませんが…。

ダイヤモンド棒ヤスリであれば半丸のものがオススメです、丸側でカランビットなどのカーブナイフも研げるので一石二鳥。またキャンプ用のハンドシャープナーの類もダイヤモンド砥石が多く使われています。そのままドライで研ぐこともできますが、目詰まりしてしまうと途端に研ぎ味が落ちるので、ある程度研磨したら水、できれば5-56などのオイルでヤスリを洗浄しましょう。

海外ではこのダイヤモンド砥石を使うことが一般的で、形状も丸棒のものが多いです。プロの調理人であってもダイヤモンド砥石のみで研磨する方が多いようで、この辺りは文化の違いなのかな?といったところ。アーカンサスや水砥石に比べて、仕上げ砥石で研いだとしても刃は粗く見えますが、一般的な箱出しナイフの刃先は微細なノコギリ状になっており、物を連続切断することで切れるようになっているので、特に問題はありません。

DMT ダイヤモンドシャープナー 8インチ ベンチストーン】

BUCK ダイヤモンドシャープナー 97081-B】

GERBER 砥石 ベア・グリルス シャープナー

…と、今回はオススメの砥石のご紹介も交えつつ、お話をさせて頂きました。これからナイフを買いたいな~という方のお役に立てたら幸いです。

もちろんアキバ2号店でもいろいろな砥石を扱っております。砥石によって研ぎ味も変わるので、いろんなタイプの砥石で研いでみるのも楽しいものですよ!

今回はこのへんで。ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

_ - ミリタリーショップ レプマート