東京の秋葉原にあるレプマートの2号店です。東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩1分

カート

ミリタリーショップ レプマート アキバ2号店

ナイフ実験 in 氷川実験場

10月 27, 2019 店舗スタッフ Uncategorized

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

ひーかーわー

というワケでまたやってきました氷川実験場キャンプ場。

今回も予報は雨、実際も雨!今のところ雨率が80%代を誇るハイパー雨男の筆者です。ちょっとは晴れろゴルァ!!!

行きと帰りの道中は必ず晴れる微妙なジンクス。

今回はナイフの実験をしてみよう~

表題のとおり、今回はいろいろなナイフでバトニング、フェザークラフト、ファイヤースチールでの着火、などの実験をしてみよう。という事でお昼頃に出発し、14時過ぎに現着。30分ほどでサイトを構築して、サクサク準備してました。

速度と軽量化重視の為、ポールの対角には枝を挟まなかったので、少し空間が狭め。

今回持って行ったナイフは下記のこちら

実際はもうあと1~2本持ちだしていたのですが、存在を忘れてビールを飲み始めてしまったので失念…w

バトニングにはSCHRADEがピカいち。

持ち込んだナイフでバトニングをやってみましたが、まず結論から先に言ってしまうと『重たくて分厚いナイフほど簡単』という結果でした。

1位:SCHRADE SCHF36
重く分厚く、そして安い。と三拍子そろったナイフでして、箱出しでの切れ味は程ほどなものの、1095炭素鋼らしい研ぎやすさで、ランスキーなどでしっかり刃角度を調整すればかなり化けます。堅牢で雑に扱える安心感が◎ ハンマーを必要とせず手でチョップすれば杉薪がパコンと割れるので、時短という点でもオススメですね。

ぺしぺし叩くだけでエッジがめり込んでいくので、ハンマーが無くてもバトニング出来る点は、やはり高得点でしょう!

2位:BarkRiver ブラボー1 CPM-154
世界のブッシュクラフター達が称賛するアウトドアナイフの最高峰。バランスの良い重さ、充分な厚み、コンベックスグラインドの刃付け、CPM-154ステンレス鋼で錆び知らずなため手入れが楽など、良い点の多いナイフ。バトニングではSCHRADEに比べると重さの面で劣り、流石にハンマーが必要でしたが、箱出しでの切れ味は1位のSCHF36より凄いです。

3位:Mora カンスボールロバスト
同率3位という感じです。ハンマーは必須ですが、苦も無くバトニングすることが出来ました。鋼材も強く特にエッジが欠けることもなく…という感じですが、上記の2種のスピード、楽さに比べるとやはり少々劣る部分は否めません。でもコスパは良好なので、ちょっとバトニングしてみたいくらいの方にもお勧め。

カンスボールは刃長があるのでロバストに比べてバトンがしやすいですが、売店やホームセンターなどで販売されている薪であればロバストでも問題なくバトンできると思ったので同率順位です。

5位: Extrema Ratio ダークタロン
個人的なコレクションナイフとして購入したものです。バトニング自体問題はありませんでしたが…やはり折り畳みでバトニングするのは(ColdSteelのモデルでもない限り)不安が残りました。

どべ:OPINEL No.9 カーボンスチール
じぇんじぇん割れない上に怖い。これでバトニングはやめとこうね…。

ロックをかけても歪む感じがあり不安定。どうやっていいのかわからない…とにかく怖い。

フェザーをつくってみよう。

酒飲んでて写真とるの忘れた…!

焚火の着火に便利なフェザースティック、基本的に『切れ味の良さ』が重要になってきます。だいたいどんなナイフでも作ることはできますが、使っていて安心感のあるモデルは、やはりフルタング(もしくはナロータング)でしょう。

同率1位: SCHRADE SCHF36BarkRiver ブラボー1 CPM-154
SCHF36、ブラボー1の同率1位…ですが…正直、SCHF36の方がフェザーを作りやすく感じました。しかしながら、ランスキーを使って刃の角度を30度に変更してしまっていますので、箱出しのブラボー1と比べるのもどうなんでしょう…というのが本音です。コンベックスグラインドは慣れが必要ですが、慣れるとかなりスムーズ!

帰宅後に改めて双方を研いだうえでフェザーを作ってみましたが、ブラボー1の方がフェザーが細かく、カールしているのがよくわかります。SCHF36の方が大味…と言った感じです。

3位: Extrema Ratio ダークタロン
切れ味の点だけで言えば、上記の2種を上回っているのですが、切れ味が良すぎる為か、カールしすぎてサイズの大きなフェザーが作れない!という結果になりました。小さな小枝でフェザーを作るという人にはいいのかもしれませんが…どちらかというと、着火後に火種を安定させるチップを作るのに向いている印象でございました。

丸まり過ぎてちぎれてしまう…筆者のテクニック不足は否めません。

4位: Mora ロバスト
モデルとしては安価なロバストですが、ブレードエッジ側にヒルトがあり、作業をする際に安心感があります。切れ味は箱出し故にあまりカンスボールとの差は感じられませんでしたが、しっかりカールします。ただ、長いフェザーを作るとなると少し苦手なのかな…?という印象。

小さなフェザーなら問題ないが、長いフェザーとなると刃が詰まる感じがする。

5位: Mora カンスボール
先述のとおり、切れ味はロバストとさして差はないと思いましたが、エッジ方向にヒルトが無い点で5位とさせていただきました。ただ何故か長いフェザーを作ることが出来るので…ここら辺は好みの問題もあるかも…かも、かも。

どべ: OPINEL No.9 カーボンスチール
これは包丁です。 残念ながら薪にエッジが食いつかない、無理やり押し込んでもフェザー自体まったくカールしないという結果でした。爪楊枝を作るのにはもしかしたら丁度良いのかも…と。そもそも食材カットに全振りの料理ナイフ/工作ナイフをクラフトに使ってはいけないというお勉強になりました。イライラし過ぎて写真を撮ってもいないという…すいません。

ファイヤースチールを引いてみよう!

(・∀・)<両手を使う作業で写真が撮れないでござる!
と四苦八苦していたら小雨がパラついて、慌ててライターで焚火を作ってしまったので、ほとんど現場では実験できませんでした。フェザーのみで着火をするのは至難の業、 火口は別で用意しておかないとファイヤースチールで着火をするのは楽ではありません。麻縄や乾燥したコットンに加えて、ZIPPOオイルなどがあれば楽に着火が可能です。オイルの持ち運びにコレオススメ。

というワケで、帰宅してからの実験結果が下記。

同率1位:OPINEL No.9 カーボンスチールMora カンスボール
なん…だと…!?と正直 筆者も思いましたとも。OPINEL峰部分のエッジが効いていて、物凄くファイヤースチールを引きやすいのです、意外、まさに意外ッ!!! しかもブレードを閉まった状態でも大丈夫なので怪我をしない。が、他の方法でやるとMora カンスボールも安全で火花もよく飛ぶ…という事でまた同率にしてしまいました(優柔不断)

3位: BarkRiver ブラボー1 CPM-154
ブッシュクラフターが称賛するだけあって、無難にスチールから火花が散ります。火口をブレードに挟みこんでスチールを引けば、充分に着火するのですが、手早く着火したいのならば、火口に燃料を浸透させてから行った方が良いかもしれません。

4位: Extrema Ratio ダークタロン
これも意外。飛ばないだろうなぁ…と思っていたのですが、次点のSCHF36よりもまだ飛びます。ですが実用としては不十分…というのが筆者の感想です。

5位:SCHRADE SCHF36
コーティング部分はまったく火花が飛びません。コーティングが剥げた部分では偶に火花が飛びますが安定しません。これで着火するのは…ウムム…って感じ。

6位:Mora ロバスト
     _,,;;;;;;;llllll||||||ll;;;,,,,_
    ;l|||||||||||||llllllllllllll|||ll;;,,
    .;||||||||||||ll      ,””〈
    ;|||||||||||||レ  _/  |
   .;|||||lllll||||l;’    (´0  |
   ;”””(       `ー  /
   .;   `´  , -‐’ C、´ ̄`)
   ;    /     >‐”´
  .;    ’´   , -―-〈
  ;        <ニ二>_ノ
-<´`ー、__   ,ゝ-‘´
  \   `>、:]-、
   `ー’´|:;:;/   ヽ

駄目だこりゃ(い〇りや長介)

あ、AAア〇ゴさんだった…。峰側がマシニングで溶断されたままになっておりますので、ファイヤースチールを弾くためのエッジがまったくありません。弾くには峰側を研磨しエッジを作る加工が必要でしょう。逆に言うとその加工をしてしまえばバランスの良い安価なナイフ、という事でもあります。

といった筆者個人の感想でございました。

現在、台風19号の影響で奥多摩近隣での断水が続いているだけでなく、千葉方面など大雨被害が多々報告されている状況でございます。河原でのキャンプは天候によるリスクが常に付きまとうものでもありますので、もし行かれるのであればしっかりと管理者の方の指示を守るようにしましょうね!

今回はこんなところで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

_ - ミリタリーショップ レプマート